2013.05.13

ponanza強し!3000点クラスをひとひねり。

将棋上達と関係ない記事ですが、書かずにいられません。
最近、ponanzaが将棋倶楽部24で将棋を指してます。
ponanzaとは将棋電王戦に出てきた将棋ソフトです。
2900円点から3200点くらいの方達を軽くひとひねりしてます。
まるで赤ん坊をあやすような指しまわしです。

3000点クラスの中にはおそらく、プロ棋士が指していると思われます。
自分より上のクラスの方のレベルは分かりませんが、
素人が見ても、「技術」に差があるように感じるのは私だけでしょうか?
毎日ponanzaは指しているので、観戦しようと思います。
観戦者の数は1000人入ってる人気っぷりです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
最後に人気ブログランキングの応援をしていただけますと嬉しいです。
↓ ↓ ↓


人気ブログランキング


2013.05.09

ponanzaが将棋倶楽部24に登場

最近、将棋ソフトの「ponanza」が将棋倶楽部24で頻繁に指していますね。
1000人の定員の観戦者は満員になり、注目されています。
2900点以上の人に対して、負けたところをみたことがありません。

観戦していると、「何だこの手は!?」と思える手を見ますが、
コンピューターならではの指し方なのでしょうね。
将来はプロ棋士の棋譜で勉強するのではなく、
将棋ソフトの棋譜をみて勉強する日が来るのでしょうか?

将棋ソフトの棋譜をみて勉強するのも何だかさびしい感じがします。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
最後に人気ブログランキングの応援をしていただけますと嬉しいです。
↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

2013.04.15

第2回 将棋電王戦 第4局 ​塚田泰明九段 vs Puel​laの感想

第2回 将棋電王戦 第4局 ​塚田泰明九段 vs Puel​laの結果はお互いの玉が
敵陣に入る持将棋により、230手で引き分けになりました。

中盤からpuellaの猛攻に、やむおえず塚田九段は入玉に勝負を託しました。
最後は、塚田九段の点数が明らかに足りない状態でした。
普通なら投了する局面だったと思います。
「将棋ソフトは入玉に弱い」欠点がでましたね。
塚田九段の執念で大駒を手に入れて、点数を手に入れることに成功しました。



YAHOOニュースで以下の塚田九段がコメントを残しています。

<YAHOOニュースより引用>
終局後に塚田九段は、まず先に入玉の構えを見せたことについて
「コンピュータを研究して入玉に弱いことがわかっていたので、
狙いのひとつでした」
YAHOOニュースの記事はこちら


個人的には、実際に入玉が狙いの1つだとしても言ってほしくなかった。
事前に研究して、相手の弱点をつくのは勝負師の美点です。
しかし形勢が悪くなったら、
「将棋ソフトには入玉を含みにしないと、なかなか勝てない」
と言ってるようにも聞こえます。

将棋電王戦が始まる当初はプロ棋士側の5連勝を期待していました。
理由は、プロ棋士は雲の上の存在でいてほしいからです。
プロ棋士の魅力が失われていかないか?大丈夫か?
ふと心配が出てきたハヤトバンクです。



第5局の三浦八段は長年、順位戦A級に在籍しているトップ棋士。
圧倒的な強さで、勝つことを望みます。

<関連記事>
第2回将棋電王戦第4局登場の塚田泰明九段とは
第2回将棋電王戦第4局登場のPuellaとは


ここまで読んでいただきありがとうございます。
最後に人気ブログランキングの応援をしていただけますと嬉しいです。
↓ ↓ ↓


人気ブログランキング




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。