このカテゴリの記事一覧です。

2012.12.06

詰め将棋について

よく聞く話しですが、「終盤が強くなるために、詰め将棋が良い」と言われます。
管理人も、教えてもらったことがありますが、少し疑問に思うのです。
結論から言うと、「詰め将棋=終盤が強くなるわけではない」ということです。
では、詰め将棋は、どのような効果があるのでしょうか?
大きく分けて、二つの効果があると、私は感じます。

1、考える力がつく(長手数の詰め将棋)7手詰み以上

2、手が早く見えるようになる(短手数の詰め将棋)3手詰み〜5手詰み

詰め将棋は上達するのに欠かせない勉強の手段です。
スポーツで例えると、走りこみでしょうか。
では、どのくらいのペースで、どのくらいの量をこなせばいいでしょうか?
上達したい気持ちが強い方だと、
「朝起きたら、11手詰みを毎日10問やるぞ!!」と目標をたてがちですが、
おすすめしません。

無理な目標は続かないからです。私がそうでした(汗)
お正月に一年の目標をたてますが、3日坊主で終わってしまうのに似ています(笑)
詰め将棋が好きな方なら、苦にならないかもしれませんが・・・。

重要なのは、「継続すること」にあります。
経験上おすすめなのは、「1日5手詰みを2、3問やる」です。
5手詰みでも苦に感じるようでしたら、3手詰みでも構いません。

長手数の詰め将棋だと、最初はいいのですが、徐々に面倒になり挫折してしまいます。
「1日5手詰みを2、3問やる」なら、無理がなく、継続しやすいです。

まず1ヶ月やってみてください。
決して、こなす量を増やさないでください

物足りないほうがいいのです。繰り返しますが、継続することが重要なのだから。
効果がすぐに感じられませんが、コップに水を注いでいき、あふれでてくるのと一緒です。
注いでいる時は気づきませんが、あふれでてきた時に効果を感じます。
管理人みたいに長続きしない方におすすめです!。



応援お願いします。ワンクリックが栄養の源です



人気ブログランキングへ






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。