2017.12.18

将棋大会の実践より 雁木戦法

雁木戦法をマスターするために実践で試しています。
本を読むのも、棋譜を並べるのもありですが、実際に試してみるのが一番いい。
実践の後に検証しての繰り返しが身に付きます。
今回は将棋大会での実践からです。



現在△8一飛と指した局面。
先手としては後手の陣形が整う前に仕掛けたいところです。
増田4段の実戦を参考にしてここから▲3五歩と仕掛けました。

以下△6二玉▲4五歩△3五歩▲7五歩△同歩▲9六歩と進行しました。



軽い攻めで自信はなかったのですが、攻めを切らすのは容易でないようです。
以下△同歩▲7四歩△8五桂▲4四歩△同銀▲2四歩と進み攻めがつながりました。

本譜はうまくいきましたが、やはり先手は右の銀が攻めに参加していないので
攻めが細いですね。次回は駒組を工夫していきたいと思います

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: