2017.12.18

将棋大会の実践より 雁木戦法

雁木戦法をマスターするために実践で試しています。
本を読むのも、棋譜を並べるのもありですが、実際に試してみるのが一番いい。
実践の後に検証しての繰り返しが身に付きます。
今回は将棋大会での実践からです。



現在△8一飛と指した局面。
先手としては後手の陣形が整う前に仕掛けたいところです。
増田4段の実戦を参考にしてここから▲3五歩と仕掛けました。

以下△6二玉▲4五歩△3五歩▲7五歩△同歩▲9六歩と進行しました。



軽い攻めで自信はなかったのですが、攻めを切らすのは容易でないようです。
以下△同歩▲7四歩△8五桂▲4四歩△同銀▲2四歩と進み攻めがつながりました。

本譜はうまくいきましたが、やはり先手は右の銀が攻めに参加していないので
攻めが細いですね。次回は駒組を工夫していきたいと思います


2017.12.16

増田4段の雁木戦法

久々に興味を持てる戦型に出会った。それは雁木戦法である。
昔からある戦法だけど、考え方や手順が違いバリエーションが豊富な印象。
増田4段が多用して話題を呼んだ。
また「矢倉は終わった」と発言し話題になりましたよね。まあリップサービスでしょうか。

管理人は基本攻めるのが好き。
チャンスと感じたらどんどん仕掛け、細い攻めを繋ぐ展開が理想です。
雁木の良いところは、主導権を握れるところ。左の桂馬が使えるところ。
弱点は王将の囲いが薄いところでしょうか。

管理人は右玉も得意としているので、雁木と右玉を二本柱としてやってく予定です。
雁木戦法の棋譜並べをしたいので、2018年度の将棋年鑑の発売を楽しみにしてます。

00:00 | Comment(0) | 無題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017.12.14

プロの価値について

機械がでてきてから将棋界もがらっとかわりました。
将棋の解説でプロ棋士がパソコンで形勢判断をし、解説している・・・。
それなら全部機械に解説してもらったほうがよくないか?

機械?が出てきてからプロに対する尊敬の念が薄れてしまった。
今ではプロ棋士がパソコンや機械を使って将棋の勉強をしているんでしょう?
プロに指導対局してもらうよりも、機械に指導してもらったほうが
よっぽどいいんじゃないかと思ってしまう。
機械同士が対局しているのをみても何も面白くもないし。
やっぱ人間同士で対局するから面白いんだよね。
00:00 | Comment(0) | 無題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。