2017.01.30

初心者の方がドツボにはまらないようにするには

まず最初にしたほうが良いのは、情報のシャットダウンです。
我々はあふれる情報に飲み込まれて自分自身を失っている。
「将棋上達」「将棋が強くなるには」といったワードで検索すればたくさんのサイトが出てくる。
見ていて面白いし、ためになるサイトもたくさんある

ノウハウ的なものは、読んで満足してしまうパターンが多い。
他にもっと効率のよい方法はないかと探し、しばらく実践するも不安になりネットサーフィンして探すパターンに陥ってしまう。他人の動向を気にし、そこには自分の軸がない。
これは将棋の棋力があるなし関係なく、ドツボにはまっている人ははまっている。

いっそのこと、あらゆる方法を切り捨て、一つにしぼっってしまうのはどうだろうか?
将棋の駒の動かし方を覚えた方なら「棒銀戦法」だけに特化してみる。
居飛車は合わない、振り飛車が好きならば「四間飛車」だけにしてみる。
他の戦法なんて知らんでよいのではないだろうか?
大事なのは「型」を決めてしまうこと。
武術もまず「型」から入る。野球なら「素振り」でフォームを固めることからはいっていく。
その後のことは、その後で考えてみるので充分だと思う。


2017.01.27

無駄な筋肉をつけていませんか?

何でもかんでも努力と根性だけでは続きません!
何でもかんでも将棋の勉強をすればいいわけでもありません!
例えばマラソン選手が、体を鍛えるためにボデイービルダーみたいな筋肉をつけたら、
身体が重たくなってしまい、かえって邪魔になってしまう。

自分で良かれと思って鍛えた結果が、自分の首をしめてしまう・・・。
ああ・・・悲しい・・・。

必要な筋肉は、競技によって違うのだ。
そう、競技によって重要な筋肉は違う。
だから盲点になりやすいのだが、
同じ競技でも「プロ」と「アマ」では必要な要素が違ってくる。
そう、将棋も「プロ」と「アマ」では違うんだ。

将棋のプロ棋士は、全ての変化を読まなければならない。
順位戦が持ち時間6時間と長く、奨励会の狭き門をくぐり抜けてきた、
将棋の天才同士が対局するのだから当然といえば当然でしょうか。
特に順位戦は引退がかかってくるので、重みがある。

対して、アマチュアの将棋は、持ち時間が短い。
持ち時間が10分で秒読みが30秒や、30分切れ負けなどが1例です。
また難解な変化を読めるアマチュアはほんの一部です。
我々には、難しい変化読めません。
持ち時間が長かったとしても読めないし、読める能力がありません。

そもそも難解な変化や、長手数の詰みを考えられる能力はアマチュアに必要ない。
むしろその能力はアマチュアには、不必要。
無駄な筋肉を鍛える必要はないんです。
持ち時間が短い将棋に使える能力を鍛えるほうがベストです。









×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。