2015.10.31

1日1局将棋を指す、または1日1問詰将棋さしていますか?

何回も何回も同じことを書いていますが、重要なので強調します。
1日1局将棋を指す、または1日一問詰将棋さしていますか?
はっきりいうと、速効性はほとんどありません。
(蓄積はされているが、体感があるのはだいぶ後からあります)

上達する過程って徐々に上達するわけではないんですよね。
グーンと上達したらしばらく停滞して横ばいが続く。
しばらく横ばいが続いたらグーンと上達する。
こんなイメージです。





2015.10.28

1日1問、詰将棋を解くのもかなりおすすめ。

簡単な3手詰みか5手詰みを1日1問やるのをおすすめします。
初心者の方も有段者の方もです。
ポイントは、
@1日1問でやめる
A簡単な詰将棋
B3手詰みもしくは5手詰みの短いもの

一番重要なことって「将棋に触れる習慣」があるか?ないか?
これにつきます。
将棋を1日に1局指すことをおすすめした理由も、
将棋に触れる習慣をつける狙いです。
短期間で無理して数多くやると、後で必ず反動がきます。
ダイエットで短期間で大幅に痩せるとリバウンドで戻ってしまうのと一緒ですね。

ただですね、実際将棋を1日1局さすのも結構しんどいのが現実です。
将棋倶楽部24で一手30秒でさしても、
パソコンをたちあげてから将棋を指し全部終えるまで最低30分かかるのもざらです。





2015.10.25

将棋の実戦を1日1局指していますか?       

以前の記事で、1日1局指すのが有効ですよと伝えました。
持ち時間は短いほうが良いです。
1日1局指すことって、すごーく大事ですよ。
理由は「将棋に触れた量が大事」だからです。
そして、1日1局指すことは結構続かないんです。


将棋が強くなる方法を調べるのはとても良いことだと思うんです。
ただ将棋が強くなる方法を調べるのに時間を使いすぎて、
実際に自分でその方法を行うことをしないパターンが落とし穴なんです。

よく本屋に行くと自己啓発本がたくさん置いてありますよね。
読んでみると、さすが文章を書いて人に伝えるプロ。
なんだか自分にもできそうに思えてきます。
読んでるだけで自分が実行した気になる。
実際は何もやっていないのに、頭の中での幻想にすぎないのに・・・。

そもそもノウハウは1つあれば良いんです。
自分が信用している人、あこがれてる人、自分が求めてる結果を残した人、
何かしら魅力を感じる人のノウハウ1つを淡々とやるだけ。
すごく地味な作業ですよ。これは。
単純で地味なことを繰りかえすだけだから途中でやめる人が多い。

そして、他にもっといい方法はないか?探しだします。
はい。そうです。以前の僕のことです(苦笑)

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。