2013.03.31

第2回将棋電王戦、第2局、佐藤慎一四段VSponanzaの感想

第2回将棋電王戦、第2局、佐藤慎一四段VSponanzaが行われ、
141手で佐藤四段がponanzaに敗れました。
現役棋士が公の場で将棋ソフトに負けるのは初めての事。
5番勝負の対戦成績は1勝1敗になりました。

独特の序盤戦でしたね。
ponannzaの玉が▲7七にいて不安定に感じる形です。
序盤、佐藤慎一四段が苦しかったと思いますが、
「プロの技」で盛り返しました。
終盤は形勢不明の状態からトントンと進み、
ponanzaの寄せが炸裂しました。
佐藤四段の投了後の沈んだ表情が見ていられませんでした。
勝ったのがコンピューターなので複雑な気持ちが残ります。

<関連ニュース>
現役棋士がコンピューターに敗北(NHK)

ここまで読んでいただきありがとうございます。
最後に人気ブログランキングの応援をしていただけますと嬉しいです。
↓ ↓ ↓


人気ブログランキング



駒を上手に使うための理論(4)

駒をはたらかせる理論パート4まで、きました。
理論の話しだったので、真面目な文章になりました。
真面目ばかりでは長続きしません。
ここで、もう一度原点に戻って頭をリフレッシュしていただきたいと思います。

目標をたてることが苦痛な方に良い方法の記事で
目標をたてるのではなく「方向性」を決めましょうと提唱しました。
目標だと堅苦しくなり、柔軟性がありません。
「大会で優勝する」「初段になる」などの目標は
優勝できなかったら☓、初段になれなかったら☓と思ってしまいがちです。
気にならない方ならいいのですが、
高すぎる目標を立てて挫折するケースが意外と多いんです。

原点は将棋を楽しむことです。
自分の気持ちに正直になってやりたいことをやり、
やりたくないことはしない。この姿勢でいきましょう。

次回に続く

<関連記事>
駒を上手に使うための理論(1)
駒を上手に使うための理論(2)
駒を上手に使うための理論(3)


ここまで読んでいただきありがとうございます。
最後に人気ブログランキングの応援をしていただけますと嬉しいです。
↓ ↓ ↓


人気ブログランキング



2013.03.30

駒を上手に使うための理論(3)

以前の記事で将棋で一番大事な駒は「王」です。
では、一番上手に使う必要がある駒はどれでしょうか?と質問しました。
難しく考えないでください。理由は単純です。
ヒントは、下の将棋盤にありました。

2013,3,29.gif



正解は「歩」が一番大切です。
理由は単純。
将棋の駒で「歩」は18枚と他の駒と比べて断然多いですよね。
つまり、一番動かす機会が多いのは「歩」なんです。
戦では、将軍(王)は一番多い兵隊(歩)を上手に使った軍が勝利します。
将棋は、我々人間が将軍(王)もあやつる贅沢なゲームといえます(笑)

「歩」の使い方で勝敗が決まると言っても過言ではありません。
付け加えると、他の駒の使い方も、もちろん重要ですよ。

次回に続く

<関連記事>
駒を上手に使うための理論(1)
駒を上手に使うための理論(2)
駒を上手に使うための理論(4)


ここまで読んでいただきありがとうございます。
最後に人気ブログランキングの応援をしていただけますと嬉しいです。
↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。