2013.02.28

あなたの好きな戦法を知るには?

以前の記事で好きな戦法1つを極めれば将棋の棋力3段までいけますと書きました。
自分の好きな戦法で3段までいけます←以前の記事です。
肝心なのは、中盤と終盤の力をつけることです。
特に終盤の力がつくと勝率はぐーんとあがります。
戦法の選択で勝敗は決まりません。
楽しく上達しながら将棋を指すなら、
自分の好きな戦法を選んだほうが良いと思ったのです。



将棋には、たくさんの種類の戦法があります。
大きく分けると、居飛車と振り飛車。
居飛車では、矢倉、角換わり、横歩取りなど他にも多数。
振り飛車は、中飛車、四間飛車、三間飛車など他にも多数。
ほんの一部でもこれだけの数があります。
この戦法が良い、あの戦法はあかん、とかはありません。
それぞれ長所と短所がありますし、ひとそれぞれ好みも違います。


つい最近ですが、
どの戦法を選んだらよいのか分からないと質問をいただきました。
自分の好きな戦法を選ぶのが一番ですが、迷う方が多くいるかもしれません。
そこで自分がどの戦法にあっているのか、知る方法はないか考えてみました。
居飛車に向いているか?振り飛車に向いているか?
ざっくりですが、参考になればいいなと思い、項目を作りました。
居飛車に向いているか?振り飛車に向いているか?
あくまでも目安にすぎません。指してみて自分が良いと思ったのが最善です。


1、駒の損得をすごく気にするほうだ。〇か☓
2、角より飛車の方が好きだ。    〇か☓
3、美濃囲いより、舟囲いの方がしっくりくる 〇が☓
4、将棋の「技術」で勝つより、「腕力」で勝ちたい。〇か☓
5、横から攻めるのより、縦から攻める方が好きだ 〇か☓



応援お願いします。ワンクリックが栄養の源です



人気ブログランキングへ


〇の数が多ければ居飛車党の傾向があります。
☓の数が多ければ振り飛車党の傾向です。

特に、居飛車党の方は「駒の損得」を重視、
振り飛車党の方は「駒の働きを重視」する傾向があります。

居飛車でしたら、矢倉戦法。
振り飛車でしたら、四間飛車戦法がおすすめです。
本も多くでており、基本を学べるのに、もってこいの戦法です。

繰り返しますが、これが良い!と断言をすることはできません。
あくまで参考程度に考えてもらえるとよいかと思います。



2013.02.19

将棋に情熱を燃やします!

2ヶ月近く放置していて、久々の更新になりました。
本音を言うと、どうも将棋は飽きてしまい、将棋が楽しくなかったのです。
将棋倶楽部24は、ちょくちょくやってましたが、暇つぶしで指している状態。
盤と駒を使っての実戦は全くやっておらず・・・。
何より、小学生の頃から将棋ばかりしてきた自分にとって、
将棋以外の違うことを色々経験したかったのです。
自分のやりたいことは全てやろうと決めました。



今までの内容は、将棋が強くなるための方法やコツを真面目に書いてきました。
他の方の将棋のブログを見てみたのですが、
だいたい同じことが書いてあることに気づきました。
これでは独自性がないし、このブログの存在意義もない気がします。



そんな時にあることに気づきました。
将棋が飽きていて、上達する意志のない人が上達の方法を書いても
読んでいる方に伝わらないのではないか?
情熱を燃やし、上達しようとしながら、将棋を楽しんでいる人が書く記事
のほうが、読んでいる方の心に響く記事が書けると思ったのです。



そして、ひらめきました。そうだ!東京へ行こう!
東京へ行けば何かが起こる!・・・かもしれない。
いや、何も起こらなくてもいいじゃないか。
飽きっぽいから続かないかもしれない。それでもいいじゃないか。
管理人は、「ハヤトバンク」というコードネームをつけて
新潟から東京に遠征にでるのであった。



ということで・・・・・・
おバカな将棋指しが、腕をみがいて上達していくところと
将棋の上達方法を記事にしていこうと思います。






応援お願いします。ワンクリックが栄養の源です



人気ブログランキングへ










×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。