2013.01.02

ここまで読んでいただきありがとうございます。


最初からここまで、読んでいただいた方は少ないのではないかと思います。

最初から、読み直しましたが、文章が稚拙で読みにくさを感じました。

文章も長く、途中で閉じてしまった方も多いだろうなと気になっていました。

何か要望や、指摘していただけるのでしたら幸いです。

お手数ですが、コメントでご連絡ください。

読者目線の記事を作ってまいります。





応援お願いします。ワンクリックが栄養の源です



人気ブログランキングへ


名前勝ちとは?

全く同じ局面でも相手によって、形勢判断がかわることはありませんか?
例えば、何度も県大会優勝していたり、自分より強いと認めてる相手と
自分と同じくらいの棋力か、下の棋力の相手。

「〇〇さんが指してくるのだから、自玉は寄り筋だろうな」
「〇〇さんだから、自分が負けるわけがない」
もちろん言葉には出しませんが、心の中で思うことがあると思います。

現実に、精神的な部分が大きく勝敗にかかわってくるのも将棋のおもしろいところ。
長い間、大会で優勝できずにいた方が、一度優勝すると、
その後、何回も優勝する場面をみてきました。
それは、実力がついたことも、もちろんありますが、

名前が有名になり、信用度があがったこともあると思います。
対局の前に「〇〇さんと当たった・・負けだな・・」と思ったら、
そこで、勝敗は決まってしまうといっても過言ではありません。
名前にびびらなようにしましょう。



応援お願いします。ワンクリックが栄養の源です



人気ブログランキングへ続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。