2012.11.30

あなたのパッと見は?

11月29日.gif

馬とりに飛車を打った局面です。局面は中盤から終盤に入ろうとしているところ。

一手一手が重要です。駒の損得、駒の働き、ほとんどなく、いい勝負だと思います。

ここで、あなたが最初に考える手(浮かぶ手)はどのような手でしょうか?

アマの大会は持ち時間が短いですし、我々クラスでは何十手も読むことはできません。

第一感が重要になってくるわけです。

何か意見や感想がありましたら、コメント大歓迎です。

より良いサイトにしていきたいと思っています。







2012.11.29

ポイントになる駒

11月26日.gif

ポイントになる駒はどれなのか?まず、実際の進行をみてみると分かりやすいので見てみましょう。
▲6四歩△同歩▲同銀△7四飛▲6三銀不成△7六桂▲同金△同飛

11月27日.gif

最初の局面と比べると後手の大駒を押さえていた7筋の厚みが消えて、飛車がさばかれてしまいました。

そして何より、見てほしいのは▲3七銀です。

攻めにも働いていないし、守りにも働いていない。

この銀を活用しなければ、銀が泣いてしまいます・・・

最初の局面に戻ってみましょう。

11月26日.gif


ここでのポイントは

「▲37の銀をどのように使おうか」です。

なぜなら、先手からアクションを起こさないと遊んでしまうし、

何より、後手は▲3七銀を活用される前に動きたいからです。

活用の方法の例は

@「7筋は押さえ込んでいるので、▲3七銀を7筋にもっていき、厚みを増そう」

▲4六歩△同歩▲同銀△4五歩▲5七銀と7筋に銀をもっていく指し方。

A「▲3七銀を△4四銀と交換して捌いてしまおう」

▲4六歩△同歩▲4八飛から4筋に焦点をあてる指し方。

いずれにしても、ポイントの駒は、▲3七銀です。

駒の活用は、頭では分かっているけど、意外と実戦で指せないので、大事なことです。

よく「遊び駒をつくるな」と言われますが、具体的じゃないとわかりづらいですよね。














2012.11.27

一番ポイントになる駒はどれ?

11月26日.gif

二段の方との実戦からです。

現在、△5一角と引いた局面です。形勢は、ほぼ互角ですが、飛車と角の働きが良いので

先手不満ありません。実戦は▲6四歩△同歩▲同銀と進みましたが、もったいなかったです。

先手はどのような構想でさしたら良いでしょうか?また、ポイントになる駒は?考えてみてください。







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。